生前整理と遺品整理の違い

実家の片づけは生前整理と遺品整理がある

生前整理は必要だけど難しい理由


実家の片づけは大きく分けて「生前整理」と「遺品整理」があります。

◎生前整理:亡くなる前に本人や家族が家の中のモノなどを整理、処分すること
◎遺品整理:亡くなった後に家族が家の中のモノなどを整理、処分すること

そこで、親が生きているうちに「生前整理」をしておいた方がいいのか?
という問題ですが、その答えは

「ある程度の生前整理はしておいた方がいい」と言えます。

その理由はいざ遺品整理を始めると思い知るのですが、。
・残されたものの多さに驚く
・残すべきモノの判断に困る
・必要書類(通帳や保険証、権利証)が見つからない

生前整理をしておかないと、このようなことが起こりうるのです。

しかしながら「生前整理」を行うのはまだまだ少数派だと思われます。実際に私の実家でもそうでした。
正直いいますと「生前整理」などと言うことは考えたこともありませんでした。

父も母も晩年には病を患い、介護の日々を送っていました。そんな中、「生前整理は大事です」と聞いたところで当時の私が行動に移せたかどうかわかりません。

頑張って生きようとしている親に対して、心の中ではあきらめている自分がいるような後ろめたさがこみ上げてきたかも知れません。

つまり、親が「生前整理」の必要性を認識して実行しようという意思が無い限り
子供の都合で進めることはできないのです。

それでも最低限の生前整理は必要です


実際に遺品整理をするときになると生前整理の重要さを思い知ります。
生前整理でこれだけはやっておいた方が良いことは、大切な書類や通帳などをわかるようにしておくことです。
親が亡くなった後には役所や銀行への手続きがあったり、公共料金の支払いなど提出に期限がある事を進めていかなくてはならないのです。

そのためには、親が元気なうちに重要書類等の保管場所の確認は必ずしておいた方が良いです

また、お気に入りの物(服や装飾品、趣味の品々)などを確認しておくと良いでしょう。

遺品整理では最終的には親の持ち物のほとんどを処分しなくてはなりません。親が大事にしていたものが分かっていれば残しておきたいものと捨てる物の判断がつきやすくなります。

Follow me!