実家の片づけ方は3通りある

実家の片づけ方には3通りの方法があります。

①すべて自分でやる =仕分け(自分)+処分(自分)

②仕分けは自分で処分は業者 =仕分け(自分)+処分(業者)

③専門業者に全てまかせる =仕分け(業者)+処分(業者)

結論から言いますと、大変だけど費用的に一番安くできるのが①の「すべて自分でやる」
時間も体力もあまり使わないけど費用がかかるのが③の「専門業者に全て任せる」
その中間が②の「仕分けは自分で処分は業者」といったところです。

それぞれの方法のメリット、デメリット

①すべて自分でやる

この場合、いるモノといらないモノの仕分けと処分をすべて自分で行う方法です

仕分けは自分または家族でおこない、処分は自治体の粗大ごみの処分などを利用します。
実家が近くで時間を確保できる。人手の応援を頼める。軽トラックなど運搬手段がある
など条件が必要になります。

生前整理と遺品整理どちらにも有効です。

メリット
費用が安い。おおよその費用は一戸建て住宅で5万円~15万円

デメリット
時間が確保が必要
人手と運搬手段(軽トラックなど)が必要

②仕分けは自分で処分は業者

いるモノといらないモノの仕分けは自分でやりやります。その後のいらない物をすべて業者に処分してもらう方法です。

実家近くて、分別にかかる時間を確保できる人にはお勧めのケースです。タンスやソファーなどは一人では運べないので
女性が中心になって実家の片づけをする場合には都合がよいと思います。

生前整理と遺品整理どちらにも有効です。

メリット
いるモノ、いらないモノを時間をかけて分けることができます。

デメリット
処分費用はある程度かかる。
おおよその費用は一戸建て住宅で30万円~60万円

③専門業者に全て任せる

いわゆる「遺品整理業者」にお任せする方法です。ただし、いるいらないの仕分けには
立ち会いが必要な場合があります。

県外に住んでいて頻繁に実家の片づけができない、実家ではなくて叔父や叔母の家で遺品に思い入れもない
などの場合に適した片付け方法です。

遺品整理に有効です。

メリット
時間や体力をかけないで片づけができます。

デメリット
費用的には高額になる。
おおよその費用は一戸建て住宅で50万円~120万円
専門業者の遺品整理は、引き出しの中、箱の中身など家中を手間をかけて作業します。
だから費用もそれなりにかかるのです。

あなたはどの片付け方法を選びますか。

①と②は実家にある遺品すべてと向き合うことになります。
たしかにその労力は大変なのですが、この作業を進めるごとに産んで育ててくれた親への感謝や共に暮らせた月日の大切さを実感できます。

事情によっては③の方法を選択することもあるでしょう。

「自分はどの方法を選ぶのがベストなのか?」
「専門業者はどこを選ぶべきなのか?}

もしお悩みなら、実家片づけアドバイザーの無料相談をお気軽に利用してみてください。

TEL:055-276-3378

お気軽にお電話ください。